丹道夫の生い立ちと年収・資産は?弟や結婚した妻と息子がいる?

やっはろ~^^
ちぃですy!

丹道夫さんをご存知でしょうか?

「富士そば」と言えば、関東圏では知らない人はいないと思われますが
その「名代富士そば」を運営する”ダイタングループ”の創業者なのです!

富士そばって、関東ではよく見るけど、関西ではあんまりだよね。
というか、見ないよね。

調べてみたら、やっぱり関東圏だけですね。
この富士そばの経営もね、いろいろあったみたいです。

やっぱり、事業とかってなんか知らんが大変なのかね?

とにかく、今日は丹道夫さんについて

  1. 生い立ち
  2. お金の話
  3. ご兄弟
  4. ご家族

などなどに注目したいと思います!

丹道夫さんのインタビュー動画もありますよ!
丹道夫さんの素敵な考えや教えを聞けます。

それでは!


スポンサーリンク


プロフィール

  1. お名前:丹 道夫
  2. 読み方:たん・みちお
  3. 生年月日:1935年12月15日
  4. 年齢:82歳
  5. 出身地:名古屋市
  6. 職業:実業家
  7. 2018年10月現在

丹道夫さんは昔から作詞が好きだったそうで、趣味として書いていました。
ですが、そのころ丁度、会社を経営していた時だったので、
丹道夫さんが設定した目標の80%に達したら本格的に作詞の勉強をすることにして。
経営に専念していきます。

そうして、見事!
55歳の時に50店舗達成しまして、これをきっかけに六本木の作詞学校に入学しました。

1997年に作詞家「丹まさと」としてデビューします。
2007年の時点で計31曲に携わり、2006年12月には『演歌魂~富士そば編~』
というコンピレーション・アルバムも発売しました。

実業家として成功を収めるだけでなく、作詞家としても成功されたわけです。
やっぱり、出来る人ってのは何をしても上手くいくのですかねぇ~?
と昔なら思ったでしょうけど、きっと彼には自信があったと思います。

やっぱり、出来ると思わないと出来る事も出来なくなりますからね。
めちゃくちゃ、単純な話だけど。(笑)

そんな丹道夫さんの生い立ちを辿ってみましょう!

 

生い立ち。

名古屋市で生まれた丹道夫さん。
生まれてすぐにお父さんを亡くしています。
その関係で、母親の実家がある愛媛県西条市で過ごしました。

お父さんの大野釜次郎は陸軍省から払い下げを受けた革製の馬具をカバンなどに仕立て直して売る商売で成功していました。
お母さんは愛媛で芸者となり、丹道夫さんが4歳のときに17歳年上の丹高助さんと再婚しました。

丹高助さん(再婚した父)は西条市で山林の立木を測定する仕事のほかに借家業を営み裕福でしたが
丹道夫さんの弟が生まれて以降は丹道夫さんに辛く当たり重労働を課すようになります。

村立大保木小学校を卒業。
村立大保木中学校入学直前に肺門リンパ腺炎を患い、3か月間療養。
愛媛県立西条高等学校の定時制を経て、東京栄養食糧専門学校を卒業。

卒業後は、複数の職に就き上京と帰郷を繰り返しましたが
4度目の上京で給食センター勤務を経て、埼玉県川口市で主に工場向けの弁当屋を開業

その後の1964年、”不動産をやらないか”と友人から誘われて、不動産業にも乗り出します。
その当時は一大不動産ブームだったので、順調にいっていた弁当屋はに任せて
ある程度の資金を捻出して、不動産を始めました。

倒産しかけたこともありましたが、別荘地が売れ出してからは早かったそうです。
あっという間に会社は急成長し、続いて手掛けた巨大バーのチェーン店経営も上手くいって
売上は1日で1億円を超えたりというレベルまで行きますw

見事に成功した青年実業家ですね。この当時、恐らく29歳です。
30歳を目前にして、月収は「500万円」!!
うまい酒にうまい飯に溺れたそうです。
もしかすると、女性にも溺れていたかも知れません?(定番だもんねw)

そんな感じで、社長人生まっしぐらの中、今の「富士そば」の原点になった
日本で初めての24時間営業の立ち食いそば屋さんを渋谷にて開店させました。
他にも、新宿・池袋・西荻窪にて、「名代 富士そば」を開店。
ですが、渋谷店は2016年1月末で閉店しています。

経営は順調だったんですけど、さすがに疲れたそうで
それに加え、共同経営者との意見の相違もあって、自身の会社を設立することに。

それが、今の「ダイタンフード株式会社」です。
1972年の事でした。

立ち食いそば店「富士そば」とレストラン6店を引き継いで独立しました。

丹道夫さん自身が病気で入院したり、お母さんが重病になったり、
新事業の住宅販売が影響し資金繰りに苦労するなど、いろいろあって思い悩むこともあったそうです。
ですが、まるごと吹っ切れて、事業の要だった「富士そば」の経営に専念することに。

したら、2000年代後半には一日5万食を誇る業界トップクラスの立ち食いそばチェーンになっちゃった。

(笑)

(笑)ってしっくりこないかもですが、ちぃの感覚だとそんな感じ。
だって、凄くないですか?とんでもない人生じゃないですか?
専念したら、更に良い感じになるって、カッコいいなぁ~^^

いろいろあるもんですね。やっぱり、人生いろいろです。

そんな丹道夫さんですが、本を出されています。
こちらの3冊をあげておきます。

レビューには、丹道夫さんが怒るのは失敗した人ではなくて、
失敗した人を馬鹿にするような人やリスクから逃げる姿勢に対してである所に感銘を受けたとか。

人がいちばん大事で、精神的に余裕があるくらいに稼ぐのが一番。

とか、そういう丹道夫さんの考えに感銘を受けたというものが多かったです。
良かったら、是非読んでみて下さいね。


スポンサーリンク


お金の話。

ということで、そんな丹道夫さんのお金の話をさらりと。

不動産をしていた時代は月収500万円と公表されています。

年収にして、6000万円ですね。(笑)
えげつないですw

現在は、作詞家や著述業、たちくい蕎麦の経営などが主な収入源になるとおもうのですが

よく言われているのが、少なくても年収2000万円以上はあるよね。

って、感じでした。代表は長男に譲ったそうですので、現在は役員報酬って言うやつですか?

そういう感じだと思います。

 

ご家族について。

ご結婚されていて、奥さんとお子さんが2人いらっしゃるそうです。

長男の丹有樹(たん・ゆうき)さんは富士そばグループの副社長を務めていて
2015年に代表取締役をゆうきさんに譲ったともあります。
いろいろ会社があってよくわからんとです。

富士そばの新店舗拡大の際に海外を選び、台湾・フィリピンなどへの海外展開を成功させています。
小学4年生からテニスを始めて、いまでも続けているそうですよ。(∩´∀`)∩

又、ダイタンフード株式会社の専務取締役でもあります。
そして、妻に娘と息子さんがいるそうです。ハッピーですなぁ~^^

弟さんについては、父親が違います。
丹道夫さんが5歳の時に産まれたそうです。

こんな動画があったので、見てみましょう!

よく笑う方ですね。

それに、とっても柔らかい感じのする人ですね。

初めは蕎麦やを作るにはどうすればいいのか?

から、始まったっていうのは驚きですね!
蕎麦を作る方法からスタートしたとはね!

そんなところから、現在まで来たんですもんね!

凄いなぁ~^^

 

その他注目記事。

ジャマルカショギ(サウジ)のwikiプロフと経歴!年齢や家族を調査!

2018.10.18

勅使河原茜のwikiプロフ!結婚した元夫(旦那)や息子(子供)がいる?

2018.10.17

今福浩之のwikiプロフと出身大学!元カノや結婚した嫁(妻)は誰?

2018.10.16

 

まとめ

この記事では、こんなことを調べました。

  1. 生い立ち
  2. お金の話
  3. ご兄弟
  4. ご家族

などなどでしたね。

やっぱり、いつでも利益というか上手くいくのはニーズに答えることと

信用できるところなのですかねぇ~。

時代に沿った運営が最強な訳ですね!

確かに、主婦が立ち食い蕎麦を利用するというイメージはなかったです!

丹道夫さんの本を読みたくなってきたなぁ~^^

読んでみようかな?

とにかく、これでバイバイ!(o^―^o)ニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です